パルシステム千葉&パルシステム福島 子ども保養企画【房総千葉の旅ツアー】に行ってきました

 1月18日から20日まで、パルシステム千葉の子ども保養プログラムがありました。
 今年は、福島県から12組40名が参加しました。この企画は土日を有意義に使うため、金曜日の夜に郡山~いわき~幕張まで移動します。
土曜日は市原ぞうの国・サユリワールド。市原ぞうの国では、目の前を悠々と歩くゾウに感嘆し、ウサギ・ラマ・カンガルー・カピパラ・シカなどたくさんの動物が放し飼いとなっているサユリワールドでは、大人も子どもも動物に癒され大満足の一日を過ごしました。土曜日最後の行程は、鋸山を散策し宿泊地の白浜に向かいました。宿までのバスの中から素晴らしい夕焼けが見え、素敵なプレゼントをもらったようでした。宿泊地の交流会では、パルシステム千葉の理事の方と職員の方々にゲームやビンゴで場を盛り上げていただき、組合員同士たくさん交流ができました。
 3日目は、イチゴ狩り・お花摘み・海鮮バーベキューと思い出いっぱい、お腹もいっぱい!になり帰路につきました。

 「震災から間もなく8年。福島県内の復興は少しずつ進んではいますが、まだまだ子ども達の生活には不安があります。」という声もありました。今回も私たちを忘れず、子ども保養を行ってくださったパルシステム千葉の皆さまに感謝致します。