WITHコロナ時代!新たな日常生活への備え「お金の貯め方・使い方」セミナーを行いました

7月29日(水)いわきセンターで「お金の貯め方・使い方」セミナーが行われました。新型コロナ感染症に伴い、家計にも様々な影響が出ているので、ライフプラン委員会メンバーに講座を企画して頂き、開催することが出来ました。
前半は家計の考え方とコロナに関する支援(奨学金)について話がありました。家計の考え方では、銀行口座の管理について。今まで、給料をいくつかの口座に分ける認識がなかったので、家計を回す(光熱費)口座以外に最低でも1~2の口座に分けて管理し、安心なお金が常に貯まる口座を作ることが大切だと実感しました。また、リスク分散ということで夫婦別の業種に就くというのも大事だということにも気づきました。
次に、いわき市の新型コロナウイルス感染症に関する支援制度パンフレットの紹介があり、そちらを使って、様々な支援や給付について丁寧な説明を頂きました。中でも奨学金についてお話があり、「うちには大学に通わせるお金はない」などという言葉は子供の将来の選択肢をなくす言葉。奨学金には利息負担のないもの、利息負担のあるもの、返還不要なものの3種類があることも知りました。これらの情報収集も大切だと感じました。
後半の講師は、家計を少しでも圧縮するための固定費の削減についての話しや、今話題のマイナンバーポイントについて話がありました。

家計についての考え方・コロナ感染についての支援の話がありました

保障の考え方をパルシステム共済連の図を使って解説中
たくさんの資料を使いました