親子科学実験教室を開催しました

 7月29日郡山センターで【親子科学実験教室】を開催しました。毎年夏休みに、パルシステムの商品検査センターから講師をお招きして開催しています。
 今回の≪ペーパークロマトグラフィー≫という実験は、「水性ペン」のインクがいくつの色から出来ているのか、色を分ける実験でした。水性ペンの色素は水に溶け、色素が溶けた水は毛細管現象によって紙の中を移動していきます。色素には「水と仲の良い色素」と「紙と仲の良い色素」があり、紙と仲の良い色素はなかなか動かず、水と仲が良い色素は、水の流れに乗って早く動くため、色を分離することができます。検査センターでは、このクロマトグラフィーという分析方法を使用して、青果や加工品の残留薬剤の検査を行っているそうです。
 2つ目の実験は、≪サイダー作り≫ マローブルーのハーブティーを、アルカリ性と酸性の色の変化を見ながら、サイダーになる理由を学びました。(重曹とクエン酸が反応して炭酸ガスができる。)色の変化に子供たちは目を輝かせ、サイダーが出来た瞬間、歓声があがりました。

変わるかな?
変わりました!