親子手作り豆腐教室

 7月23日郡山センターにおいて「親子豆腐作り教室」が開催されました。当日は親子8組19名の参加があり、共生食品の方を講師にお迎えし、豆乳から豆腐が出来上がるまでを親子で体験しました。
 豆乳を温める温度や、にがりのまぜ方で出来上がりに違いが出ること。出来立ての温かい豆腐の味は、甘味があって格別なことが子供たちにも伝わりました。昼食は作った豆腐を冷奴、肉豆腐、味噌汁、豆腐ステーキにして頂きました。
 食後に、共生食品の取り組みをスライドを使って学習しました。参加者の方からは「想像していたよりも、ずっと手作業の行程が多くてびっくりしました。【使わなくてもよいものは使わない】を貫くためには、いろいろな困難があると思いますが、おかげで安全安心なお豆腐を毎週食べることが出来ます。」と、共生食品の取り組みに感心された感想も寄せられました。