JA会津よつば婦人部『ご飯のアレンジメニューお料理教室』を開催しました

1月24日 JA会津よつば婦人部のみなさんによる『ご飯のアレンジメニューお料理教室』がありました。JA会津よつばでは、飯豊山からのきれいな水が流れる喜多方の寒暖の差が大きい盆地で、パルシステムのエコチャレンジ米『会津こしひかり』を生産しています。(エコチャレンジ=パルシステム独自の基準で、農薬や化学肥料を県の基準の半分以下にしている作物)
会津喜多方地方はこの時期寒波が襲来し、前日も「ものすごい雪!」だったそうで、いわきに住んでいる私は(雪国の人がいう『ものすごい雪』ってどんなだろう・・)と想像もつかないのですが、そんな中、早朝に出発していらしていただき、ありがたい思いでした。

そのままのご飯でもつやつやもちもちで日本一おいしい会津よつばのお米ですが、今回は野菜たっぷりで温まる「だんご汁」、一口サイズでみんなが集まった時にも喜ばれそうな「ライス春巻き」、驚きのお米のデザート「ライスプディング」に変身しました。

どれも美味しく好評で、「さっそく残ったご飯でつくりたい」「ご飯を多めに炊いて作ってみます」と参加した組合員さんも意欲まんまんでした。ご飯は『米』と『水』だけでできる
添加物の一切入らない日本の主食です。除草剤などの農薬を減らし、食べる人の健康を思い手間をかけて大切に作った『会津よつば』のお米を、ぜひ食べていただきたいと思いました。

JA会津よつばの取り組みと婦人部の紹介がありました
お料理の後は、会津の皆さまと交流が持てました