助け合い活動【古武術から学ぶ健康維持】を開催しました

1月7日は、岡田慎一郎氏をお招きして「古武術から学ぶ健康維持」を開催しました。現代人は腰を中心に体を動かすことが主で、その為に腰痛の人が多いことや、物を運んだりするのは腕で行ってしまうが、実は肩甲骨を動かすことで力がより出しやすくなることなどを理論と実践を交えて2時間ご指導いただきました。古武術は、人によって体の可動域が異なるので、先生と同じ動きが出来る人より、出来ない方が自分を理解しているとのことで、皆さん自分の出来る範囲で体を動かされていました。

古武術は日々の生活には勿論、介護にも子育てにも応用できるそうです。この動きを取り入れることで体を元気に保つことが出来るそんな内容となりました。参加者の大半の方が、「分かり易い説明で理解できました」と回答され、休憩時間もセミナー終了後もたくさんの組合員の方が先生に質問されていました。

新年早々、正しい体の使い方を学び、今年一年元気に過ごしていこうと皆さん清々しくお帰りになられました。

理論と実践で分かり易く
体の正しい使い方をすると軽々と男性も持ち上げらてしまう