産直講座「ジョイファーム小田原」を開催しました

 7月4日郡山センターで、ジョイファーム小田原代表の長谷川功様と生産者の根尾様をお迎えして、産直講座を行いました。
講座では、パルシステムの柑橘類と市販品との違いについて、みかん畑での剪定・除草作業の大変さや動物や病害虫による被害などについてお話しいただきました。また、収穫祭の様子についてのお話しがあり、組合員からは「是非、参加してみたい」などの意見もありました。講座の中で話されたことで、「生産者は食べる人の事を思い、食べる人は生産者を思う」というフレーズに、参加された組合員が特に印象に残ったと答えられていました。
 生産者のご苦労を知り、一生懸命に作られた物を大切に頂こうと改めて感じた講座となりました。

ジョイファーム小田原代表の長谷川功様と生産者の根尾様

緑(あお)みかんシロップと曽我の梅干しを使ったランチ